春来る

本日の日経平均株価は、2万2,191.18円・前日比+32.98円の小幅上昇となりました。株価上昇のきかっけになったのが、ズバリ日米首脳会談です。

もちろんドル円も、107.5円にまで上昇しています。 懸念材料となっていたのが、アメリカから日本に対しての圧力です。もし日本のアメリカ輸出に圧力が加わることがあれば、ドル円105円は現実のものになったでしょう。

でも会談では自由で公正な貿易を目指す協議を発足させるなど、日米の協力体制がアピールされました。協議は日本側が提案し、アメリカが受け入れた形となります。 取り敢えずリスクは後退です。アメリカ景気の好調さや米朝首脳会談の実施もあり、市場はポジティブモードになっています。

やっと春が訪れました。そして市場がピリピリしていた日米首脳会談は、何とか無事終わらせることができました。

しかしビッグイベントが終わってホッとしたのか、ドル円・ユーロドル共々特に大きな変化は見受けられません。 ドル円は107.4円まで上昇する場面はあったものの、107.3円にまで下がっています。

ただ1分足を見てみると、25日線と75日線のデッドクロスが発生。他の移動平均線も、下に向いています。欧州午後~NY午前あたりにかけては、下値を探る展開になりそうです。

一方ユーロドルはと言うと、米債利回りの上昇により1.235ドルまで安値を広げた場面がありました。でもビッグイベントが通過したこともあり、今は次の材料待ち状態となっています。 一時はどうなるかと思った日米首脳会談ですが、何事もなくてホッとしています。

自分がFXに向いていると思いますか?

為替の変動を予測するのがFX。そんなに難しくはないと思って始める人は多いと思います。でもやって見ると分りますが、見事に予測は外れます!笑

でも何故予測が外れたかが見えてくると一歩前進。次はどうすれば良いか、少しは見えてきますよね。でもやってもやっても利益をものにできないとなると自分は本当にFXに向いているのか迷う人って多いのです。

さてFXに向いているのは、どんなタイプの人か知っていますか。セミプロFXトレーダーってほんの僅かしかいませんが、勝てる秘訣を聞いてみると兎に角やって行くしかないという答えが返ってきます。

根性論ですか!

何事もそうですが、あきらめない心、しつこさ、執念を持ってやるしかないので、それができるかなんだそうです。

また何事にも慎重な人の行動を表す諺に「石橋を叩いて渡る」があります。

木で作られた橋だと古くなって傷んできていると渡る時に壊れて橋の下に転落ってありえます。でも、石で作られた橋は、頑丈で壊れる可能性はかなり低いです。でもその丈夫な橋を渡るときに壊れてないかを叩きながら渡るのですから、かなり慎重に行動する人ですよね。

これはFXにも通用するのではないでしょうか!

エントリーや決裁するときには慎重さが必要です。テクニカルチャート分析のローソク足だけでなくてもっと違った分析法を駆使して予測して見て、予測の精度を上げることは大切ですよね。

でも慎重になりすぎて、為替の動きに間に合わず美味しいところを取り逃さぬようにしなければなりません。笑

FXには素早い対応も必須条件ですからね。

アメリカ VS ロシア

突然ですが、何でもそうですが、ここぞというタイミングは大切で、その時が来るまでじっと構えて待っていて、狙い通りに動かしていくことは大切ですよね。

これを投資の世界に置き換えて考えていくと、旨く当てはまっていくのです。

投資にはにも色々とありますが、為替レートがそうで、小刻みに上下する動きが続いている期間って長いのです。でも小刻みに動いている時って大ブレイクするチャンスを伺っているのが相場の世界で、ここぞというタイミングが突然訪れてくるものです。

動かす要因には、何かのファンダメンタルな要因の国家レベルでの金融政策などですが、動き出すとその方向に大きく拍車が掛かっていくのです。FXトレーダーとしては、そのチャンスに如何に自分も乗れるかではないでしょうか。

そんな中アメリカ VS ロシアがバチバチやっていますね!

10日は、アメリカとロシアの政治対立が影を落としました。ただドル円やユーロドルへの影響は、そこまで大きくは出ていません。ロシアルーブルは、めっちゃ下がりましたが…。

ドル円は107.2円から、106.8円にまで落ち込んでしまいました。先程にも述べたように、アメリカとロシアの軋轢が原因です。でもそんなに慌てている様子はなく、すぐに107円台へ戻しています。

一方ユーロドルはと言うと、1.23ドル前半での取引となっています。米10年債利回りに連れられた形となり、上下に動いています。 ただ今日に注目したいのは、中国人民元です。

中国はアメリカへの対抗措置として、人民元切り下げを検討しているとのニュースにより、人民元は激しい動きとなりました。

またシリア情勢と合わせ、この動きにどう載っていくか、第2四半期のテーマになってきそうですね。